鑑定で必要なこと

2018年8月5日

電話占い鑑定占い師は占うことが仕事ですが、鑑定はそれだけではありません。未来を当てるだけでは本当の意味で問題を解決することはできません。求められるものは、当たることももちろんですが、お客様が前向きになってまた頑張っていこうと思えるような鑑定です。

たとえ鑑定結果が悪かったとしても、そのまま言いっぱなしで鑑定を終了させてしまってはお客様は納得しません。ただでさえ自分ではどうしようもなくなって困っているのに、追い打ちをかけてさらに落とすのは良くありません。

お客様は高い料金を支払って占いに来るので、せめて鑑定前よりも悩みや不安が解消してなくてはいけません。占いは当たればいいというわけではなく、しっかりとしたフォローや改善策など、これからの未来が明るくなるように親身にアドバイスすることが大事です。

特に愛情を持って親身に鑑定することが大切です。最初から否定的に説教したり、問題の原因はお客様にあるから悪いのはあなたというような考えを持って決めつけて鑑定することはよくないです。お客様の立場になって辛い状況を理解することも鑑定では重要になってきます。だからといって、悪いことは何も言ってはいけないというのでなく、言葉やタイミングを考えて伝えなければいけないということです。

また、質問に対して答えるときは経験や主観ではなく、霊感や占術で答えることも求められます。経験や主観で答えることがすべていけないわけではなく、まずは霊感や占術で出た答えを伝えましょう。それから補助的に必要であれば経験や主観を伝えるようにしましょう。最初から主観で答えてしまうと占いではなくなってしまいます。お客様は占いに来ているのでしっかり占いで鑑定をして答えましょう。

占い鑑定はこれで良しということはなく、常にお客様の立場になって心を込めて親身になることです。色々なお客様がいますが、そうすることが信頼されて愛される先生になる近道だと思います。


PAGE TOP